<HSBC女子チャンピオンズ 2日目◇1日◇セントーサGC(6,600ヤード・パー72)>
 シンガポールにあるセントーサGCで開催中の「HSBC女子チャンピオンズ」2日目。首位と2打差の2位タイから出たステーシー・ルイス(米国)が6バーディ・ノーボギーの66をマーク。スコアを6つ伸ばしトータル11アンダーで単独首位に浮上した。
美人プロの秘蔵ショットが満載!女子プロ写真館
 ルイスは出だしの1番でバーディを奪取すると、前半で3つスコアを伸ばしてハーフターン。後半に入っても12番パー5でバーディが先行。その後は14番、17番と2つのパー3でバーディを奪い最高の位置で大会を折り返した。
 先週は2日目までトップを走るも3日目から「パットが入らなくなったの。なぜかは私にも分からない」と急にパットが不調となり勝利を逃したルイス。今週は「ロングアイアンの調子がいい」のに加え、パットも好調でここまで死角はなし。世界ランク首位を狙うアメリカNo.1プレーヤーがシンガポールで今季初勝利を狙う。
 2打差の2位タイには先週交通事故に巻き込まれながらも不屈の闘志で堅調なプレーを続けるポーラ・クリーマー(米国)、ここシンガポールでも大人気の韓国の美人プロ、チェ・ナヨン、先週の「ホンダLPGAタイランド」で悲劇のヒロインとなったアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)らがつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロたちの活躍を写真で振り返る
噂の新企画「今日の美ゴ女」はこちらから