福岡県、北九州市で貴重な原画や映像を展示する「少女漫画の世界展」開催!

写真拡大

福岡県北九州市小倉北区の「北九州市漫画ミュージアム」は、同市と下関市ゆかりの少女漫画家15名の作品を集めた展覧会を開催する。

開催日時は、3月20日(水・祝)〜5月19日(日)。

場所は「あるあるCity」5階の企画展示室。

同企画は、出展作家の原画約200点や作画道具などの愛用品を展示するとともに、作画風景やインタビューなど、映像資料の公開を通して漫画制作の「舞台裏」に迫る展覧会だ。

原画は4月16日(火)に展示替を行い、前期/後期各約100点を展示する予定。

出展作家は、「エロイカより愛をこめて」、「修道士ファルコ」で知られる青池保子氏、「恋するプリン」、「ちび☆デビ!」の作家、篠塚ひろむ氏、「リミット」、「ライフ」や、間もなく「HOPE」の連載が開始される、すえのぶけいこ氏など。

なお、3月24日(日)14:00〜17:00には、同館イベントコーナーにおいて「記念シンポジウム 少女漫画”かわいい”の系譜」が開催される。

出演は萩岩睦美氏、FSc氏、池田美香氏。

司会は、筑紫女学園大学の大城房美教授が務める。

参加費は無料だが入館料は必要。

参加方法は往復はがきで3月15日(必着)までに申し込み。

応募多数の場合は抽選となる。

同館は、見る・読む・描くの3つのテーマで、地元ゆかりの漫画家を中心に、幅広く漫画作品と関連資料を収集・保存・展示を行っている施設。

漫画教室、交流スペースで漫画の描き方などを体験することもできる。

開館時間は11:00〜19:00まで。

火曜休館。

入館料は以下の通り 「少女漫画の世界展」一般500円、中高生300円、小学生150円 「常設展」一般400円、中高生200円、小学生100円 「セット券」一般800円、中高生400円、小学生200円 詳細は北九州市漫画ミュージアムを参照のこと。