<HSBC女子チャンピオンズ 2日目◇1日◇セントーサGC(6,600ヤード・パー72)>
 シンガポールにあるセントーサGCで開催中の「HSBC女子チャンピオンズ」2日目。3アンダー11位タイから出た有村智恵はこの日2バーディ・2ボギーのイーブンパーでホールアウト。順位を21位タイに後退させてしまった。
女子プロたちの戦いの軌跡を写真で追いかける
 有村は5番でボギーが先行。7番パー5では7メートルのバーディパットをねじ込みスコアを戻し後半へ。10番ではセカンドショットをベタピンにつけバーディを奪取。ここから流れに乗りたいところだったが、その後はパーを重ねる我慢の展開に。終盤16番では3パットのボギーを叩いてしまい、この日はスコアを伸ばせずにホールアウトした。
 「ボールがつかまえきれない、当たらない…ショットの感覚が悪かったですね」と満足のいくショットが打てなかった有村。この日はピンポジションが奥に切られているホールが多く、今の調子では「ピンを攻めきれなかった」と唇を噛んだ。ホールアウト後は練習場に直行し、ショットの修正に励んだ。
 「スコアを伸ばしている選手もいるので、残り2日間は目線を上げてビッグスコアを狙いたい」と巻き返しを誓った有村。米ツアー本格参戦の初戦、このまま終わるわけにはいかない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
噂の新企画「今日の美ゴ女」はこちらから