<全英オープン・アジア地区最終予選 最終日◇1日◇アマタスプリングCC>
 世界最古のメジャートーナメント「全英オープン」、その出場権をかけたアジア地区最終予選の最終ラウンドがタイにあるアマタスプリングスCCで行われた。
 初日首位タイにつけた松山英樹は、前半から快調にスコアを伸ばし、一時11アンダーまでスコアを伸ばす。しかし、終盤16番パー4でボギーを叩くと、続く17番でもダブルボギー。昨年の最終ホールでトリプルボギーを叩き全英への切符を逃した悪夢が頭をよぎる。しかし、松山は最終18番でバーディを奪い単独2位。自力で全英オープンの出場権をもぎとった。
 さらに日本勢からは丸山大輔が8バーディ1ボギーの7アンダーをマーク。トータル8アンダー3位タイに滑り込み、松山と共に全英への切符を手に入れた。
 また、日本ツアーでもおなじみのキラデク・アフィバーンラト(タイ)が2位以下を引き離しトータル13アンダーでトップ通過を果たしている。

【最終結果】
1位:キラデク・アフィバーンラト(-13)
2位:松山英樹(-9)
3位T:丸山大輔(-8)
3位T:呉阿順(-8)
以上4名が全英オープン出場権を獲得

【主な日本人選手】
5位T:川村昌弘(-6)他3名
9位T:池田勇太(-5)他7名
17位T:市原弘大(-4)他5名
28位T:諸藤将次(-2)他3名
32位T:近藤共弘(-1)他8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】クーチャー勝利!メイハン敗北の「Why」を紐解く
【関連リンク】
最新のギア情報と試打レポートはこちらから
女子プロたちの活躍を写真で振り返る