レシピの検索の時に使用するワード、7割が「食材名」と回答

写真拡大

水産・食品などの事業を行うマルハチニチロホールディングスは、女性の料理レシピの利用実態を探るため、週に1日以上自宅で夕食を作る20歳から59歳の女性1,000名を対象に「料理レシピに関する調査」を実施した。

調査期間は、1月18日から1月23日。

料理レシピを利用することがあるか聞いたところ、「よくある」が28.2%、「時々ある」が31.1%、「たまにある」が21.2%だった。

インターネットで料理レシピを検索することがあるか聞いたところ、「よくある」「時々ある」「たまにある」の合計が7割以上。

これらの人に、検索の際どのような言葉で料理レシピを検索しているか聞いたところ、「食材名」が75.1%と最も多く、「具体的な料理名」の65.8%が続いた。

また、「料理方法」「料理ジャンル(国籍は含めない)」「目的(簡単や節約、ダイエットなど)」「イベント名(クリスマスやひなまつりなど)」がそれぞれ2割前後となっている。

なお、料理レシピを利用する際に閲覧する情報端末を聞いたところ、「パソコン(67.1%)」と「携帯電話・スマートフォン(64.3%)」の2項目が際立っていた。

レシピ本を出している料理人・著名人で好きな人について問う質問では、1位「栗原はるみさん(32.5%)」、2位「ケンタロウ(小林ケンタロウ)さん(24.6%)」、3位「速水もこみちさん(18.3%)」となり、テレビでの活躍も目立つ料理人・著名人が上位にあげられている。