猫に「お手」を覚えさせるスゴ技があった!

写真拡大

猫は自由気ままな生き物なので、なかなか思うように行動してくれません。

犬のようにお手やお座りを覚えてくれたらいいのに……と、愛猫家なら一度は思うのでは? そこで今回は、猫にお手を覚えさせる方法をキャット・インストラクターの坂崎清歌さんに教えていただきました。

――猫に「お手」といっても、ソッポを向かれてしまいます。

どうすれば覚えてくれますか?「クリッカーを使ってトレーニングをすれば、猫も『お手』ができるようになりますよ。

クリッカーとは、犬のしつけ等に用いる手のひらサイズの道具で、『カチッ』という音がします。

この音とおやつを結びつけることからトレーニングをスタートしましょう。

猫がこちらの望む行動をしたときにクリッカーを鳴らすことで、猫にわかりやすく正解を教えることができます」――専門の道具は高そうですね……。

「そんなことありませんよ。

クリッカーは500円前後で購入できます。

無機質な音が鳴るものなら缶をたたいたりしてもいいのですが、あまり大きな音を立てると猫が驚いてしまうので注意してくださいね」――音を出すのに、手をたたくのではダメですか?「拍手は毎回同じ音ではないので、猫が混乱するかもしれませんね。

それに『お手』や『ハイタッチ』などは、手を使いますから片手は空けておかないと(笑)。

何を使って音を出しても構わないのですが、毎回同じ大きさ、同じ音質の音が鳴るものでないとトレーニングはできませんね」――具体的には、どのようにトレーニングをすればいいのでしょうか?「まずは、猫に聞こえるようにクリッカーを鳴らし、おやつをあげます。

音が大き過ぎたり、顔の前で鳴らすと怖がることもあるので注意してください。

ハンカチなどに包んで音を小さくして鳴らすといいですよ。

この作業を何度か繰り返してください。

おやつは猫の大好物や、いつもよりランクの高いものをあげましょう。

こうすることにより、『カチッ』という音がしたらおやつがもらえることを猫に覚えてもらいます。

次に、棒を用意してください。

猫は棒状のものを差し出されると鼻をつけることが多いです。

その習性を利用してトレーニングします。

棒を近づけて、鼻をつけてくれたらすぐにクリッカーを鳴らしましょう。

クリッカーを鳴らしたら、必ずおやつをあげてください。

最初は棒の先におやつのニオイをつけて、鼻をつけたらクリッカーを鳴らすといいでしょう。

こうすることにより、猫は『棒に鼻をつければおやつがもらえる』ということを覚えてくれるのです。

これができるようになると、棒で行き先を指示することができます。

慣れてくると、指先でも応用が可能です。

指で誘導してひざの上に載せることもできますし、床の上をゴロンと転がるかわいらしい姿も見られますよ」――おやつが先ではダメですか? ついあげたくなりそう。

「おやつを先にあげてしまうと、猫は何もしなくてもおやつがもらえると思ってしまい、行動を覚えてくれません。

また、クリッカーを鳴らしたのにおやつをあげないというのはルール違反。

たとえ間違えて鳴らしてしまったとしても、おやつは必ずあげましょう。

指示どおりに行動したのにおやつをあげないという『だまし』も厳禁。

猫が頑張ってくれたことに対して『ありがとう』の気持ちでおやつをあげてほしいですね。

トレーニングを重ねていくと、おやつを与える機会が増えるものです。

普段の食事からトレーニング分のおやつを差し引くなど工夫をして、おやつの与えすぎに注意してくださいね」――基本を教わったところで、「お手」のトレーニングについて教えてください。

「『棒に鼻をつける』と同じ手順で、今度は棒に前脚で触れることを教えてみましょう。