マニキュアの爪が割れてしまったときの対処法

写真拡大

外出先での爪割れは、ちょっとブルーな気持ちになってしまいます。

爪が割れたところに服の繊維や髪がひっかかってしまったり、物にひっかけて爪割れを広げてしまったり…。

そんな時に、どう対処すればいいのかを簡単にまとめてみました。

■割れ爪シールを使うマニキュアを塗った爪の上から補修できるのが、割れ爪シールです。

常時マニキュアが必須だという方は、常備しておくとよいかもしれません。

またマニキュアをする前に貼れるものもあるため、爪が傷んできたという時は割れ爪シールの上からマニキュアをするのもよいでしょう。

■トップコートとティッシュで補強というよりは、見た目の割れや欠けを目立ちにくくする方法です。

割れた部分にトップコートを塗り、ティッシュを薄くかぶせ、さらにトップコートを塗ります。

また液体バンソウコウを塗ってから、トップコートを塗るという方法もあります。

割れた隙間から爪の中に液体がしみこまないよう、割れ爪のかぶさっている方向から軽く塗りましょう。

■バンソウコウをカットしてのせるバンソウコウの粘着部分を爪の形にカットして、割れた部分にのせます。

見た目が気になるという人は、その上からマニキュアやトップコートを塗ったり、柄やデザインのかわいいバンソウコウを貼ったりしているようです。

■伸ばしている途中の爪が割れたら割れた爪に瞬間接着剤をつけ、爪をくっつけるという方法もあります。

ただし、皮膚にくっついている部分の爪が割れたときや、出血している爪には絶対にこの方法は使用しないでください。

あくまで、伸ばしている途中の皮膚に触れていない部分の爪が割れた時の応急処置です。

上記方法と同様、ティッシュをつけてさらに上から瞬間接着剤をつけます。

凸凹が目立つ部分は、ヤスリなどで削ります。

■見た目を気にしない、ケアは自宅に帰ってから見た目は取りあえず気にしない、補修は家に帰ってからじっくりやるという方は、指先用のバンソウコウを使いましょう。

バンソウコウは一般のものではなく、指をくるむようにつけられる指先用を選ぶと、はがれにくくなります。

■家に帰ってから、じっくり補修する方法、ネイルグル―家に帰ってマニキュアを落としたら、ネイルグル―を使って補修しましょう。

ネイルグル―を割れた爪の部分、表面に薄く塗り、爪を修復用パウダーの中に入れます。

その後、かたまった部分を爪ヤスリできれいに磨き、ベースコートを塗って終わりです。