歯磨き粉を最後まで使い切る方法

写真拡大

歯磨き粉はすぐに切れにくいため、買い忘れしやすい洗剤の中のひとつです。

買い置きがないのに、今使っている歯磨き粉が残り少ない! そんなとき、歯磨き粉を最後までしぼりきる方法を知っていたら、買い置きがなくてもなんとかなるかもしれません。

■歯磨き粉を立てておいておけるタイプ歯磨き粉を立てておいておけるタイプのものは、空気を入れて、チューブと反対側を持ち振ることで使い切りやすくなります。

遠心力で歯磨き粉を集めやすくなります。

■歯磨き粉を寝かせておくタイプ寝かせておくタイプの歯磨き粉は、お湯に入れてあたためるとプラスチックが柔らかくなり、端のほうに残っている歯磨き粉を集めやすくなるそうです。

もう歯磨き粉の残りをかき集めるしかないという、緊急事態に使えるかもしれません。

■コップの底で、歯磨き粉を押し出す歯磨き粉を絞り出すのがむずかしい部分は、なんといっても絞り口付近です。

絞り口付近の歯磨き粉は、コップの底を使って押し出すとよいです。

コップの底が平らなものを使用しましょう。

またチューブの端から歯磨き粉を集めるときにも、平らなコップの底を使えば集めやすくなるそうです。

■割りばしで、しごく歯磨き粉の端を割りばしではさみ、両側をきつく輪ゴムでしばります。

割りばしは折り、短くしたほうが、輪ゴムが巻きやすくなります。

輪ゴムをまいたら、そのまま口のほうまで割りばしをスライドさせます。

まだ比較的、歯磨き粉が残っているような場合には大活躍です。

■最後はチューブを切り取ってもう全て絞り尽くしたという時には、最後の手段。

チューブを切って中身をそのまま取り出しましょう。

1回で使い切れないほど残っていた場合は、切り口にアルミホイルやラップなどをして、歯磨き粉が乾燥しないように保管しておきましょう。