キリンビールの技術を全て集結! 麦100%の「澄みきり」5月に発売

写真拡大

キリンビールは新ジャンルカテゴリーの商品として、麦100%の「キリン 澄みきり」を5月14日に全国で発売する。

同商品は、120年以上の歴史をもつ「ラガービール」の知見、「一番搾り生ビール」から受けついだ麦へのこだわり、「麒麟淡麗<生>」の大麦のうまみを引き出す技術を生かして開発。

酵母には、雑味を抑えながら麦本来の味を引き出す新しい酵母を採用した。

原材料には、発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・大麦スピリッツを使用。

麦100%のうまみと、後味に雑味がない飲み心地を実現した。

パッケージデザインのコンセプトは、“KATANA(刀)”で、シンプルで高級感のあるデザインとなっている。

同商品は350mlと500mlの2サイズで展開。

アルコール度数は4.5%以上5.5%未満。

価格はオープン。