ホワイトデー、東京都・東京タワーが白色に! -歩ける外階段の夜間開放も

写真拡大

東京タワーは、ホワイトデーの2013年3月14日16時〜21時、”東京タワー名物”の約600段の外階段を夜間開放し、東京の夜景を楽しみながら、大展望台(150m)まで歩いて昇ることができる「ホワイトデーはライトアップされた東京タワーを歩いて昇ろう!」を実施する。

ホワイトデーの外階段開放イベントは今回で6回目。

通常は土曜・日曜・祝日の11時〜16時限定で開放している外階段だが、ホワイトデー当日は夜間、ホワイトデーを記念した塔体ライトアップも楽しみつつ昇ることができる(ただし雨天・荒天の場合は中止)。

外階段を歩いて昇った人には、非売品の「ノッポン公認 昇り階段認定証」(ナンバリング入り)のほか、「ノッポン缶バッジ」(非売品)をプレゼントする。

大展望台までの展望料金が必要で、料金は大人(高校生以上)820円、子供(小・中学生)460円、幼児(4歳以上)310円。

塔体ライトアップは、16時〜20時までオレンジ色の「ランドマークライト」。

20時〜22時はホワイトデーを記念した白一色のライトアップ「ダイヤモンドヴェール」(ホワイト・ダイヤモンド)を点灯する。

ダイヤモンドヴェールは、全部で17段ある光の階層それぞれが7色に変化。

季節やイベントによってそのカラーを変化させ、東京タワーから外に向かって光を放つという。

雨天・荒天決行。