男性の方が直感派!? 結婚相手と運命を感じた瞬間

写真拡大

突然ですが、みなさんは“運命”って信じますか? 口では「そんなのあるわけない」と言いながらも、心の奥底では運命の出会いを求めていたり、ふとしたことで恋人に「この人との出会いは運命だったのかもしれない」と感じたり……意外と運命を信じている女性は多いもの。もしかすると、旦那様と結ばれたことに運命を感じている奥さま方も少なくないのでは!? 22歳以上の既婚女性261人を対象に聞いてみました!

結婚後も「この人とは結ばれる運命だったのかもしれない」と運命を感じた瞬間はありますか?

ある 24.5%(64票)
ない 75.5%(197票)

およそ4人に1人が「ある」と回答。みなさん、いったいどんなときに運命を感じたんでしょうか? そのエピソードについても直撃!

「シンクロしたときに運命を感じる。夫にメールを送った瞬間、ほぼ同時に夫からのメールが届いたりとか」(29歳/医薬品・化粧品)

「独身のときにコンパに行ったら、もともと来るはずだった男性がドタキャンし、代わりにピンチヒッターで来た人……それが旦那。今思い返すと、運命だったのかなぁと思う」(34歳/医療・福祉)

「一見すると夫と私は正反対のタイプだけど、たまに深い話をする度に根本的な考え方がまったく一緒で、そういうときに『もしや運命?』と思う」(26歳/その他)

「結婚前、自分の親に彼をまだ紹介していなかったとき、デートしていたら街中で親とバッタリ遭遇して、『これは結ばれる運命なんだ!』と(笑)」(34歳/機械・精密機器)

「付き合っていたときから別れることを微塵も想像できないので。もちろん今も」(33歳/情報・IT)

「もともと夫は職場の先輩で、好きになる前から『この人と結婚したら、こんな感じになるんだろうなぁ』と想像できた。さらに結婚後は、その想像がほとんど当たっていたことがわかって、運命と思わざるを得ない」(28歳/その他)

“運命を感じる瞬間”というと、ドラマチックな偶然のシチュエーションを想像しがちですが、日常の些細な場面でも生じるものなんですね。どうせなら、こんな風に「運命だったのかも!」という気持ちを与えてくれる相手と結婚したいもの。うらやましい!

ちなみに旦那さま側にも、奥さまとの出会いに運命を感じる瞬間ってあるんでしょうか? 「男性は女性よりもロマンチスト」なんて言われますが、果たして実態は!? そこで今度は、22歳以上の既婚男性219人に「結婚後も『この人とは結ばれる運命だったのかもしれない』と運命を感じた瞬間はありますか?」という質問を投げかけてみたところ、こんな結果になりました。

ある 21.5%(47票)
ない 79.5%(172票)

奥さま方に比べると割合はやや減りましたが、それでもほぼ同率。どうやら“運命を感じる瞬間”の有無については、特に男女差はないようです。ただ、どちらかが一方的に「この人と結ばれたのは運命!」と思っているケースは、なきにしもあらずですが……(笑)。

では、“運命を感じる瞬間”の内容についてはどうなんでしょう? もしかして、男性ならではの感じ方もあったり!? 早速旦那さま方のエピソードもチェックしてみましょう。

「まるで申し合わせたかのように、同じ日に同じ物を買ってくることがよくある。息子の誕生日プレゼントが完全に被ったことも(笑)」(45歳/運輸・倉庫)

「何度か別れたけど、最終的には結婚したので運命だったのかなぁと思う」(39歳/医療・福祉)

「初めて会ったときに、なぜだかよくわからないけど『この人と結婚する』と思ったから」(37歳/生保・損保)

「妻と知り合ったのが地元で、お互いに帰省する時期がズレていたら出会わなかった。それを考えると、運命とも思える」(31歳/医療・福祉)

「新入社員だった妻が職場に配属されてきたとき、なぜだか『この人と結婚するかもしれない』と直感で感じた」(37歳/自動車関連)

「これといってきっかけはないけど、普段から『結ばれる運命だったんだろうな』と感じている」(49歳/電機)

何だか奥さま方のエピソードに比べてドライな感じもしますが(笑)、内容的には似通っている部分もあり、ほとんど差はない模様。ただ、男性側の方が、“直感”で運命を感じている人は多いようです。よくいわれる「ビビビ婚」の「ビビビ」は、実は男性側の方に起こりやすいのかも……?

運命を信じるか信じないかは、その人次第。でも、もしも「これって運命!?」と思う瞬間があったなら、そのときは信じてみましょう。その方が彼とのステップをより楽しめるし、絶対お得!……だと思いませんか?
(文/市川翔子)