【女性編】思わず二度見してしまったものランキング


二度と言わず、何度でもみたい!





それぞれが、自分好みのファッションや髪型を楽しんでいる時代、どんな人が道を歩いていても、あまり気にならないようになりました。しかし、時には、思わず振り返ってもう一度見てしまうような、奇抜な格好をしている人もいますよね。そこで、549名のマイナビニュース会員の女性に思わず二度見してしまったものを聞いてみました。





Q.思わず二度見してしまったものを教えてください(複数回答)

1位 奇抜な髪型・ファッション 50.5%

2位 変な標識・看板 25.3%

3位 イケメン・美人 22.4%

4位 有名人 18.0%

5位 事故 16.9%







■奇抜な髪型・ファッション

・「性別不明を超え、人間かどうかさえ怪しい人がたまにいるから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「本人は見られるためにしていることだと思うと、見てあげよう! と思ってしまう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「電車でネコの仮面かぶって着物きてる人がいた。向かいの席には同じようなのがいた。気づいたら囲まれていた」(34歳/不動産/事務系専門職)





■変な標識・看板

・「どれも、後から友人との会話の際、うけそうなネタに使えると思うので、記憶に刻みます」(28歳/団体・公益法人・官公庁)

・「本当かどうか確認して、だれかに話したくなる」(24歳/電機/事務系専門職)

・「旅行先で『あの薬局』という名前の薬局を見つけた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「ヘンな標語は見てしまう。道路わきの『わき見運転禁止』とか」(27歳/建設・土木/専門職)





■イケメン・美人

・「美人やイケメンは、何回見ても心が潤うので癒される」(36歳/生保・損保/事務系専門職)

・「特に自分のタイプのイケメンだと、ちらっと何回も見てしまう」(25歳/その他/事務系専門職)

・「イケメンは二度見どころか、隙さえあれば何度でも!!!!」(26歳/小売店/販売職・サービス系)





■有名人

・「偶然芸能人を見かけたときは、本物かどうか確認したいので何度も見てしまう」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「芸能人は思わず三度見しちゃいます」(26歳/情報・IT /クリエイティブ職)

・「似てるけど……やっぱり似ていると思い、つい最近も二度見しちゃいました」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■事故

・「つい野次馬根性で見にいってしまう」(27歳/情報・IT /事務系専門職)

・「お店の前で変な止まり方をした車を見た。もう一度よく見たら、タイヤがおかしな方向に曲がっていてびっくりした」(29歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)





■番外編:こんなことをして、二度見されていませんか?

・満員電車で気遣いのない行動をしている人「一人でやたらと場所を取っている人とか、濡れた傘をたたまずにいる人とか、何度もじろじろ見てしまう」(36歳/その他)

・電車でいちゃいちゃ「えっ、でした……」(39歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・明らかにカツラをかぶっている人「理由はわからないが、昔からカツラの人に異様に反応してしまう」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)





総評

1位は「奇抜な髪型・ファッション」でした。街中でみかけるさまざまなファッション、自分は絶対にやらない格好だと、思わず見つめてしまいますよね。最近は、性別不明の人も多く、よく見たら男性だった、ということもよくあります。コメントの中には、摩訶不思議な体験をした人も。その後どうなったのか、とても気になります。





2位は、「変な標識・看板」でした。テレビでもたまに特集をしていることがありますが、自分で見つけると、誰かに話したくてウズウズしてしまいますよね。中には「よく考えたらおかしい」というものもあり、奥が深い世界のようです。





3位には、「イケメン・美人」、4位には「有名人」がランクインしています。どちらも、普段はなかなかお目にかかれないもの。二度見というより、見かけた瞬間から目が離せず、じーっと見つめてしまう人も多いのでは? 有名人はやはり、「本物?」という意味で、二度見をする人が多いようです。





5位には「事故」がランクイン。野次馬だなぁとはわかりつつも、気になってしまいますよね。見ちゃいけない! と思っても、つい見てしまうもの、何度でも見たいと思うもの、さまざまな種類の「二度見」があるようです。今まで「二度見」したものを思い出すと、自分の好みがよくわかるような気がします。

(文・OFFICE-SANGA 大村優季)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート