勝てば100万「GPS将棋対局イベント」PCが1台→3台に増台! 解説にプロ棋士も

写真拡大

3月23日(土)より開催されるプロ棋士とコンピュータ将棋による将棋棋戦「第2回将棋電王戦」のプレイベントとして現在ニコニコ本社で行われている世界最強コンピュータ将棋との対局イベント「GPS将棋に挑戦! 勝てたら賞金100万円!!」だが、この対局に使用されている対戦PCが、1台から3台に増台されることが決定した。

2月24日(日)〜3月10日(日)の毎週土日に行われているこのイベントは、第22回世界コンピュータ将棋選手権の王者で、「第2回将棋電王戦」にも出場するGPS将棋に誰でも無料で挑戦することができ、見事勝利すると賞金100万円を贈呈。

当初は、実際の「第2回将棋電王戦」に使用されるGPS将棋670台のPCのうち1台のみの接続だったが、より多くの人に体験してもらうべく3台に増台。

今週末3月2日(土)より3台体制が稼働する。

対局イベントはニコニコ生放送でも中継されるが、今回新たにプロ棋士から解説者の出演も決定。

3月2日(土)、3日(日)は大平武洋五段、9日(土)は渡辺大夢四段、10日(日)は佐々木勇気四段が解説者として登場する。

今回のGPS将棋は、東京大学大学院総合文化研究科の教員・学生が開催しているゲームプログラミングセミナー(Game Programming Seminar = GPS)のメンバーが中心となって開発が行われているソフトウェア。

世界コンピュータ将棋選手権では2009年・2012年に優勝。

「第2回将棋電王戦」の第5局(4月20日)に出場が予定されている。

なお、3月23日(土)より開催される「第2回将棋電王戦」には、三浦弘行八段が挑戦する