焼肉&すき焼の融合メニューが売り!「焼肉チャンピオン」が東京都港区に新店

写真拡大

ピューターズが展開する焼肉店「焼肉チャンピオン」の6店舗目となる東京プリンスホテル店がこのほどオープンした。

東京都港区芝公園の東京プリンスホテル内にあり、A5ランクの和牛のみを使用するというこだわりの焼肉店だ。

同店の看板メニューは「ざぶすき」(2,800円)。

肩ロースの希少部位で、一頭から3kgほどしかとれない「ざぶとん」を使っており、この肉に特製割り下をかけ、さっとあぶってから愛知県三河産の濃厚な味わいの卵にくぐらせてごはんとともにいただくスタイルだ。

焼肉とすき焼きの融合ともいうべきこのメニュー、焼肉の新スタイルとして注目を集めそうだ。

他に、低温で約3〜4週間寝かせて乾燥熟成させた「極上熟成タン」(2,500円)もオススメ。

肉の味わいが凝縮され、これまでの牛タンのイメージを覆すことだろう。

これらの肉メニューは、すべてオーダーを受けてからカットしているのも同店の特徴だ。

職人が肉の種類やサシの方向などを見極めて1枚1枚スライスすることで、鮮度を保ちつつ肉本来の味わいを引き出している。

店内は、半個室や個室もあり、プライベートでの利用から接待までさまざまなシーンに対応する使い勝手の良いつくりになっている。

その他のメニュー: 「おまかせコース」(6,300円・2名から 極上熟成タン、名物ざぶすき、本日の希少部位、ホルモン盛合せ、お食事、デザート等計11品)、「厚切り極上熟成タン」(2,800円)、「シャトーブリアン 白トリュフ塩を添えて」(4,200円)、「カルビ」(1,200円)、「シマチョウ」(800円)、「テール煮込み パクチーを添えて」(600円)、「冷麺」(1,000円) など予算: 昼2,000円、夜7,500円坪数・席数: 約55坪・54席