買われると嫌? いえいえ中国マネーは”長期安定株主”、どんどん呼び込もう

写真拡大

セゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏がビジネスの最前線で活躍する人たちを招いて対談する「中野晴啓世界一周の旅」。

ワールドインベスターズTVで動画を閲覧することができる。

今回はビジネス・ブレークスルー大学の田代秀敏教授と対談した「中国経済編」の第2回。

日本企業の株を買い進めているといわれる中国マネーに関する、”意外な見方”を紹介したい。

中野 : 皆さん、こんにちは。

中野晴啓世界一周の旅。

今日は中国シリーズの2回目です。

ゲストは、ビジネス・ブレークスルー大学の田代秀敏教授です。

2回目もよろしくお願いします。

田代 : よろしくお願いします。

中野 : 前回は、中国経済の実態について語っていただきましたけれど、今日は中国という巨大な経済が生み出すマネー、その力、あるいはそれが世界にどういう影響を与えるかなどについて、聞きたいと思います。

ここに『週刊現代』という僕も大好きな週刊誌があります、笑。

田代さんの特集が出ていまして、中国に買われていた日本企業、驚きの50社その実名という特集をしています。

この記事について少しお話を伺いたいと思うのですが、これはどういう話ですか。

田代 : 簡単に言うと、数年前から日本の大企業、上場企業の大株主トップ10の中に、SSBT OD05何とかかんとかという、口座名がずらっと出てくるわけです。

これは正体不明だった。

オーストラリアのシドニーに住所があるのですが、総額でいえば現在3兆円を超える日本企業の株式を保有している。

中野 : 3兆円!田代 : 時価総額でね。

中野 : その実体は何ですか?田代 : 実体はもともとこれは中国の金だろうと言われていたのですが、今回とうとう今年1月7日に中国側の報道で、実はこれは中国投資有限責任公司、チャイナインベストメントコーポレーション(CIC)、すなわち、中国の巨大な外貨準備を有効活用し戦略投資するための機関が行っているということを中国側メディアが一斉に認めたのです。

中野 : ソブリン・ウェルスですね。

田代 : 現在45兆円ぐらいの規模で、名義を変えて日本企業の株式に投資しています。

中野 : かなり分散して多くの銘柄にお金が投資されているわけですね。

ここに特集されているのは上位50社ですが、僕もびっくりしたのですが、「全日空」という日本の航空会社がぶっちぎりで買い進められている。

田代 : 最新の状況でいうと、去年の9末時点で173の日本企業の株式を合計時価総額で3兆406億円保有しているわけです。

その中で去年の3月から9月に尖閣事件を挟んで、保有株式数が増えた順に並べてみると、一番買われているのは「全日空」です。

何と株式保有数が50%以上増えています。

2番目が東京ディズニーランドを経営している「オリエンタルランド」、3番目が「パナソニック」。

中野 : これは意外ですね。

田代 : ソニー、シャープの株式は持っているのですが、この保有株式数は減らしています。

パナソニックの株式は34.55%、6カ月で増やしていますね。

中野 : 日本人の機関投資家が売りまくっていた株を。

田代 : 実は買っていた。

ここから見ないとたとえばパナソニックの株価の動きもわからなくなってくる。

もっと驚くべきは、これは見えているだけで、多分上位10傑に入っていない水準もあるだろうし、あと名義を変えている場合も考えられる。

中野 : 当然やりますね。

田代 : 3兆円どころではなくて、もっと大きい金額を中国は日本の株式市場に入れている。

中野 : 5%ルールに抵触しないようにうまくコントロールしているわけですね。

田代 : と思います、当然。

外国からの投資の場合は通常のことですが、中国の場合は長期投資です。