コニカミノルタマンIII(スリー) 大嫌いな上司

写真拡大

嫌いな上司と衝突して会社をやめそうな新入社員を、複合機に宿る妖精がそっと陰から支える――そんなウェブドラマ「コニカミノルタマンIII(スリー) 大嫌いな上司」がYouTube(ユーチューブ)で配信されている。コニカミノルタビジネステクノロジーズがプロモーションの一環として制作する「コニカミノルタマン」シリーズの第3弾だ。

好評ウェブドラマの第3弾「『気づき』を与える感動ストーリー」

シリーズ第1弾はユーチューブ上での再生回数が15万回以上を記録し、第2弾の「コニカミノルタマンII いちばんはじめの社員」も公開後2週間で22万回再生された。Twitter(ツイッター)などのSNSでも「感動した」「泣ける」と話題になった。

第3弾となる今回の作品は、「お客様の視点に立って考えることの大切さ」、「お客様にとって一番大切なこととは何かを問う姿勢」、「お客様に『気づき』を与えられる存在であること」など、同社が大切にしている理念を伝える内容だ。コニカミノルタマンは同社の理念を具現化したキャラクターで、「お客様の想いをカタチにすること」をミッションとし、その先にある感動を共有することを喜びとしている。

主人公である新入女性社員の草なぎは、上司の山本から痛烈にダメだしされたことに腹を立て、一時は退職を考える。コニカミノルタマンの機転で踏みとどまり、その後は一念発起して仕事に取り組み始めた。雑用などを率先して引き受けるなど懸命に取り組む姿が認められ、再び企画を出すチャンスが到来。コニカミノルタマンの助けもあり企画書が無事通ったところで、上司の山本について驚きの事実を告げられる……。

2013年2月22日から配信している。