一度入ったら二度と出られない!? 石川県金沢市の「忍者寺」ってどんな寺?

写真拡大

石川県金沢市には、一度入ったら二度と出られないお寺があるという。

その名前は「忍者寺(妙立寺/みょうりゅうじ)」。

なんと忍者もビックリの複雑な構造とカラクリ満載の楽しいお寺らしい。

加賀百万石(かがひゃくまんごく)の歴史漂う城下町・金沢になぜ忍者寺なるものがあるのか。

その歴史をひもときながら、忍者寺の魅力を紹介する。

忍者寺は寛永20年(1643)、金沢の地を治めていた加賀藩三代藩主・前田利常が、市内の寺院を集めた寺院群の監視所として建立したのが始まり。

当時の加賀藩はすでに百万石の禄高(ろくだか)を誇る強大な外様大名として知られ、江戸幕府が加賀藩征伐を計画していたほどだった。

そこで藩では金沢城を外敵から守るために、忍者寺を作ったと伝えられている。

つまり、忍者寺は加賀藩を守るための要塞のような役割を担っていた。

そのため、万が一外敵が入ってきても攻撃を最小限に食い止められるよう、複雑な構造の内部にアッと驚くようなカラクリが備えられたのだ。

実際、足を踏み入れてみると、それほど大きいお寺ではない。

しかし、4階7層からなる寺内には、23の部屋に29の階段と、とにかく複雑。

初めて入った人は完全に迷ってしまう。

さらに、一見なんの変哲もないように見えるのに、数々の知恵をこらした仕かけがあるということで、これが「一度入ったら二度と出られない」といわれるゆえんになっている。

注目のカラクリだが、まず本堂正面に床にはめ込まれた「さい銭箱」がある。

普段はそのまま機能しているが、敵が攻め込んだ際、フタを外すと「落とし穴」になる。

左に進むと短い階段が集中する階段群が。

迷路のように複雑であることに加え、床板を外すと落とし穴になる「落とし穴階段」が備わっているため、敵の侵攻を止める効果がある。

さらに進むと「伝説の井戸」が見えてくる。

金沢では茶道が盛んだったため、表向きには茶道用の水源として使われていた。

しかし、深さ25メートルの井戸の途中には横穴があり、藩主が住む金沢城に続いていたという話が残されており、いざという時の逃げ道になっていたと伝えられている。

また、本堂入り口の横には、階段の床板下の垂直な部分にある蹴込みに障子が貼られた「明かりとり階段」がある。

これは、外敵が入ってきたら内側から足の影を確認して、槍などで攻撃できるように作られたもの。

階段をのぼって足を刺されてしまってはひとたまりもない。

シンプルながらよく考えられた仕かけだ。

他にも各所に「隠し扉」や「隠し階段」「落とし穴」が点在し、お殿様が滞在する重要な部屋には、簡単にたどりつくことはできない。

ちなみに「忍者寺」の由来は、この複雑な構造と巧妙なカラクリからきている。

いわゆる忍者とは関係がないそうだ。

内部を見学する時は係の人が先導して説明してくれる。

お寺の複雑な構造を非常に分かりやすく解説してくれるので、仕かけを考えた人の知恵に幾度となくうならされる。

忍者寺界隈には、作家・室生犀星(むろうさいせい)が幼少の頃を過ごした「雨宝院(うほういん)」、キリシタン大名として知られる高山右近ゆかりの「昌柳寺(しょうりゅうじ)」など、約70の寺院が立ち並んでいるため、この一帯は「寺町寺院群(てらまちじいんぐん)」と言われている。

加賀百万石の歴史の余韻にふけりながら、辺りを散策してみるのも面白いだろう。