男性が失敗した好きな人へのメール -「長男好き?」「にゃんにゃん書いた」

写真拡大

好きな人に送るメールは絶対に失敗したくないものだが、テンションがつい上がってしまい、思わぬミスを犯すことがあるかもしれない。

今回はマイナビニュース会員のうち独身男性280名に、 好きな人にメールを送って後悔した経験があるか聞いてみた。

>>女性編も見るQ.回収したい! 好きな人にメールを送って後悔した経験はありますか?はい 12.9%いいえ 87.1%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんなメールでしたか? どうして後悔しましたか?■告白メール・「メールで『好き』と告白したメール」(25歳男性/自動車関連/営業職)・「夜書いた告白メールで、昼間冷静になって読むとヤバイ系」(39歳男性/その他/その他)・「好きと言い過ぎた……オブラートに包めばよかった」(27歳男性/情報・IT/技術職)■舞い上がりすぎて後悔・「テンションを高く見せようとして絵文字を使いすぎ、自分のキャラとかけ離れてしまった」(25歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「気持ちが舞い上がって、いいおっさんが好きな子ににゃんにゃん書いたメールを出してしまった」(29歳男性/電機/技術職)・「親しくなって舞い上がってしまい『長男は好きか』と質問したメール」(29歳男性/自動車関連/技術職)■恥ずかしすぎるセリフ・「くさいセリフだらけではずかしい」(32歳男性/情報・IT/技術職)・「勘違いしてキザな事ばかり言っていた」(27歳男性/運輸・倉庫/その他)■酔った勢い・「酔った勢いで絵文字ばっかりのメールを送ってしまった事があるけど、普段そういうキャラではないので思いっきりドン引きされた」(41歳男性/機械・精密機器/技術職)・「『ずっと一緒にいたい』(当時はワケあって禁句)と酒の勢いで送ってしまい、それが元でその部署からはるかかなたへと異動となってしまった」(30歳男性/商社・卸/その他)■必死感があふれるメール・「よりを戻そうと必死だったメールは今思うと恥ずかしくて死にたくなるから」(26歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)・「もう一度話をしようと言って彼女を褒め倒したメールを送ったが、その時すでにその女は違う男と婚約していた」(29歳男性/食品・飲料/その他)■送信先間違い・「他の子と間違えて、このまえ楽しかったね的なメールを送ってしまった」(33歳男性/機械・精密機器/営業職)・「鉄道マニアに送るメールを間違って恋人に送り軽蔑された」(27歳男性/運輸・倉庫/技術職)■その他・「セクハラメール」(25歳男性/電機/技術職)・「大した用もないのに『何してるの?』とかいろいろ詮索してしまった」(28歳男性/情報・IT/技術職)・「彼がいるのにデートのお誘い」(28歳男性/金融・証券/販売職・サービス系)■総評好きな人にメールを送って後悔した経験が「ある」と答えた独身男性は12.9%で、女性より少ないという結果に。

「送っちゃったものは仕方ない!」そんな、いさぎよい男性が多いのだろうか。

とはいえ、少数ながらも「失敗メール」の経験談が寄せられている。

一番多かったのは、告白メールによる失敗。

「脈なしの人に告白した」という人や、「時期尚早で告白メールを送ってしまったこと」に対する後悔の声があがっている。

メールではなく、直接会ったときに告白してほしい女性もいるので、メールでの告白がベストかどうかも判断が難しいところだ。

気持ちが舞い上がりすぎて、やたらにテンションの高いメールを送ってしまった人も。

「顔文字を使いすぎて変なメールになってしまった」人や、自分のキャラとはかけ離れたメールを送り後悔する人も……。

好きな人とのメールは、高ぶる気持ちを(引かれない程度に)いかに抑えるかが肝心だ。

他には、好きな歌の歌詞をメールで送ったことや、返信がないことを催促してしまったこと、送信先を間違え親に送ってしまったことなどに「回収したい!!」という嘆きの声が寄せられた。

一度送信したメールは取り消すことができない。

送信先の間違いなどはシャレにならない場合もあるから、くれぐれも気をつけよう。

調査時期: 2013年2月14日〜2013年2月19日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性280名調査方法: インターネットログイン式アンケート