岐阜県の日本一急勾配な線路でも「すべらない」明知鉄道で合格祈願!

写真拡大

岐阜県恵那市に路線を持つ「明知鉄道」は、受験生応援の「合格祈願列車」を運行中。

期間は3月21日(木)まで。

同鉄道は、25kmあまりの区間で、2つの峠を越えるため、急勾配と急曲線が連続する。

日本一急勾配にある駅「飯沼駅」と日本で二番目に急勾配にある駅「野志駅」があることでも知られており、線路に砂をまくことにより、「すべらず」発車することができる。

同企画では、1日3本「合格祈願ヘッドマーク」を装着した列車が走るほか、マグネット製の「合格祈願札」と「合格祈願切符(入場券)」が販売される。

「合格祈願札」には、名前や志望校を記入し、「すべらない」列車に張り付けて合格を祈願。

なお、「合格祈願切符(入場券)」は、点線に沿って切ることで、五角形(合格形)の絵馬に。

さらに、券面に「5」を書き込み、「ごうかく」を祈る。

料金は「合格祈願札」が1,000円、「合格祈願切符(入場券)」190円。

販売場所は恵那、岩村、明智の各駅。

運行ダイヤなど詳細は明知鉄道で確認を。