エヴァンゲリオンレーシング、2013年レース参戦体制&新レースクイーン発表

写真拡大

ラナ エンタテイメントは27日、鈴鹿サーキットにてエヴァンゲリオンレーシングの2013年の参戦体制を発表した。

SUPER GTで戦うニューマシン「マクラーレンMP4-12C GT3」が初公開されたほか、5人の新レースクイーンもデビューを果たした。

話題を振りまくチームからトップを争うチームへ。

すでにサーキットには欠かせない存在となっているエヴァンゲリオンレーシングが今シーズンもレースを盛り上げる。

国内最高峰の4輪レース、SUPER GTについては、昨年11月のJAF-GPで引退したマシン「紫電」に代わり、ニューマシン「マクラーレンMP4-12C GT3」を投入する。

日本国内でマクラーレンのGT3マシンは初登場となるが、タッグを組む「カーズ東海ドリーム28」と、メンテナンスを行う「ムーンクラフトカーズ」の総力を結集し、多彩なマシンがバトルを展開するGT300クラスに参戦する。

ステアリングを握るのは昨年に続き高橋一穂選手、加藤寛規選手の両ベテランドライバー。

悲願のシリーズドライバーズタイトル獲得に向け、カメラを前にしての挨拶でも決意を新たにした様子がうかがえた。

2輪レースでは、昨年に続いて「TRICK STAR RACING」とチームを組み、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するほか、全日本ロードレース選手権の第2戦鈴鹿2&4レース、最終戦MFJグランプリにもスポット参戦する。

マシンは昨年のカワサキZX-10R「エヴァRT初号機シナジーフォースTRICK STAR」を継続して使用するとのこと。

ライダーは全日本ロードレース選手権でのスポット参戦に出口修選手、鈴鹿8時間耐久ロードレースでは芹沢太麻樹選手、井筒仁康選手を加えた昨年同様の布陣。

昨年の鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、チェッカー直前まで3位争いを繰り広げながら、残り3分でマシントラブルによるリタイアを喫した。

それだけにチームの士気は高く、ライダーからも、「雪辱を果たすのはもちろん、その先の優勝をめざします」と力強い言葉が聞かれた。

「エヴァンゲリオンレーシング」といえば、レースファンのみならず多くのファンを獲得したレースクイーンの存在も忘れてはいけないところ。

昨年までのメンバーが卒業し、今シーズンは新たな5人がデビューした。

エヴァンゲリオンのキャラクターとシンクロしたコンセプトはこれまで通りで、綾波レイ役を佐々木華奈さん、式波・アスカ・ラングレー役を和泉テルミさん、真希波・マリ・イラストリアス役を森園れんさん、碇シンジ役を福滝りりさん、渚カヲル役を北山奈都美さんが担当する。

コスチュームも一新され、これまで以上に注目を集めそうだ。

なお、今シーズンも個人スポンサー「EVA RACING SUPPORTERS 2013」を募集する。

個人スポンサーになるとエヴァの世界観そのままに作られた特典グッズをプレゼント。

2013年度の正会員は1種類のコースのみで、速乾Tシャツ、カッティングステッカー(2種)、マルチケースがプレゼントされ、2万5,000円(税別)となっている。

また、2輪のチームは3月2・3日に開催の「鈴鹿サーキット2013モータースポーツ ファン感謝デー」に参加。

デモ走行イベントでは、出口選手による「エヴァRT初号機シナジーフォースTRICK STAR 」の走行を予定しているとのこと。