三井不動産、台湾にアウトレットモール2017年開業

写真拡大

 三井不動産が、台湾北部・新北市に同地域最大級の本格的アウトレットモールを2017年を目処に開業する。敷地面積およそ67,340平方メートルに、約200店舗を集積。なお、同社が台湾にアウトレットモールを展開するのは初めて。

三井不動産 台湾にアウトレットモールの画像を拡大

 2015年に着工予定のアウトレットモールは、台北中心部から車で約30分、国際空港の桃園空港から車で約20分の距離にあり、新北市政府が開発を推進する「林口特定区」の中心部に位置。店舗面積はおよそ45,000平方メートルで、ラグジュアリーからインターナショナル、スポーツカジュアルまで幅広いファッションブランドを誘致する。また、シネマコンプレックスやスーパーマーケット、飲食店などを整備し、周辺居住者や観光客など多様な客層とニーズに応える商業施設を目指す。

 三井不動産は、2011年9月に中国・寧波市に海外初のアウトレット「杉井アウトレット広場・寧波」を開業し、2014年冬にはマレーシア・クアラルンプール初の本格的アウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」をオープン予定。グループ中長期経営計画では、海外事業において2017年度までに約5,000億円の投資を行うことを策定している。

■計画概要
 所在地:台湾 新北市林口区建林段381,381-1,382,383
 事業形態:ファクトリーアウトレット