群馬県甘楽町で抜刀術・殺陣演舞・火縄銃などの実演イベントが開催!

写真拡大

群馬県甘楽郡甘楽町で「第29回城下町小幡さくら祭り 武者行列」が実施される。

開催日は4月14日(日)10:00から。

同イベントは、「キラッとかんら観光キャンペーン」におけるイベント。

馬上の大将とそれに続く織田隊が出陣し、城下町小幡を勇壮に練り歩く。

ゲストには、狂言師の和泉元彌さんが出演する予定。

武者行列は10:00〜12:30まで。

楽山園での出陣式、小幡八幡宮(はちまんぐう)での祈願式を経て、甘楽総合公園多目的広場での凱旋(がいせん)式へと続く。

凱旋式では殺陣演舞や火縄銃の実演が行われる。

その他、10:00〜12:30の午前の部では、甘楽町文化協会舞踏部による踊り、赤城源流飛龍会による抜刀術、甘楽太鼓の演奏、裏千家による野だてなどが催される。

13:45〜15:00までの午後の部には、13:45から「和泉元彌狂言トーク&室町歌謡〜現代歌謡」、14:15には甘楽太鼓「楽鼓」演奏、14:40から中野新太郎さんによる「歌謡ショー」が出演予定。

また、10:00〜15:00まで地元商工会・JA・朝市会等の出店が予定されている。

同時開催イベントとして、道の駅甘楽にて「おいでな祭 道の駅甘楽」を開催。

地元農産物特売のほか、スパゲティ試食サービス、名物桃太郎弁当の特売(キジ肉・キビ入りご飯)、甘楽野ソフトクリーム、特産リンゴジュースなどの販売が行われる。

詳細は甘楽町を確認のこと。