中国経済はもう終わり!?--いえいえ、中国は”意図的に”減速しているんです

写真拡大

セゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏がビジネスの最前線で活躍する人たちを招いて対談する「中野晴啓世界一周の旅」。

ワールドインベスターズTVで動画を閲覧することができる。

今回はビジネス・ブレークスルー大学の田代秀敏教授と対談した「中国経済編」の第1回を紹介したい。

第1回では、中国経済が減速しているといわれる中、その減速の”秘密”と”からくり”に迫る。

中野 : 皆さん、こんにちは。

今日は皆さんがある意味一番関心を持っているであろうところについてのお話を伺いたいと思います。

それは中国です。

世界経済においてGDP第2位の大国、世界経済全体に与える影響は計り知れないということで、我々自身が知らなければいけない国であると思います。

そのゲストとして私が自信を持ってお迎えしたのが、こちらの方でございます。

ビジネス・ブレークスルー大学の田代秀敏教授です。

よろしくお願いします。

田代 : よろしくお願いします。

中野 : 田代先生は私が思うに、中国の表から裏までこの日本において一番詳しい方ではないでしょうか。

表はもちろんですが、中国の我々が知らない世界を今までたくさん教えていただきました。

その中で今日はお話いただける範囲のことを是非皆さんに共有していただこうと思っています。

その一つは、中国経済が失速していると言われている中で、本当はどうなのか。

このまま平和でいってくれるのだろうか、そういったところからお話を伺いつつ、中国の本当の意味で力があるチャイナマネー、こういうところの実態にも迫っていきたいと思っています。

まず第1回目は、中国の現状の実体経済について伺いたいと思います。

田代さん、2012年は一時7%台の経済成長になったときもあって、いよいよ中国も終りではないかと言われていましたが、この辺の実態は実はどうなんですか。

田代 : まず中国は意図的に減速している。

経済成長を減速させていて、これは失速ではありません。

なぜかというと、中国は潜在成長率、つまりインフレーションを伴わない経済成長率が低下していることを認めているんですね。

それにあわせて実際の成長率も低下させている。

とりあえず成長目標である8%を7.5にして、次に7にする。

5年以内に7、さらに10年後にはたとえば6とだんだん落としていく。

これはなぜかというと、中国経済は十分に大きな規模になっていますから、そこで2ケタ成長にしたら中国の環境が持たない。

あとインフレーションが起きる可能性があります。

中野 : インフレになりますね。

田代 : 中国でインフレーションは権力者にとっては命取りです。

中野 : なぜですか。

田代 : 中国人にとってインフレーションは、権力が天命を失った兆候だとされるわけです。

すべての王朝は最後はインフレーションを抑制できなくなって崩壊しているわけです。

国民党も上海でものすごいインフレーションを起こしてしまって、台湾に逃げ出したわけです。

共産党といえども、インフレーションを止められなくなったら権力は維持できないとふんでいるわけです。

中野 : 共産党政府が一番恐れているのはインフレーションだと。

ということはインフレをコントロールするために、経済を軟着陸させていく。

田代 : そうです。

ハードランニングを避けてゆっくり軟着陸させていく。

たとえば、これは中国がゴールドマンサックスの協力を得て発表している中国の景気指数です。

これが100だとちょうどいい対応です。

100を超えるとだんだん熱が上がっている。

中野 : 過熱しているということですね。

田代 : 100を下回っていると熱が下がっている。

100がちょうどいい。