別れた彼氏に復縁を迫られたらどうすべきか

写真拡大

別れた彼氏ともずっと仲がいい女性や、元カノと友人関係を続けているという男性もいます。

このような関係でいられるカップルもごくわずかに存在しますが、多くの場合には復縁するかどうかで迷ったり、あるいはその意志がないのに復縁を迫られて困っている人もいるでしょう。

別れた後、相手とどのように距離をおけばいいのでしょうか。

■別れた彼氏とヨリを戻してもいい期間を作る彼に原因があって別れた場合でも、少しの間は『猶予』を求めてもよいかと思われます。

だいたい1カ月、長くて2カ月は『猶予』期間を作るのです。

それまでに彼が「やり直したい」と言ってきたらヨリを戻す。

2カ月が過ぎたらその後のメールや電話は無視する。

そうすることで、気持ちに区切りを作るのです。

といいますのも、半年から1年以上後に連絡してきて「会いたい」と言うような男性は、久しぶりにあなたと寝たいから、ただそう言い出している可能性があるのです。

別れた彼女をふと思いだし、「やっぱりお前しかいない!」と思ってしまった、そんなこともないとは言えませんが、やはり下心から連絡をしてくる男性は多いものです。

遊ばれないように気をつけるべきです。

■復縁の意志がないなら断固拒否すべきあなたに復縁する気持ちがない場合は、当然ながら元彼とやり直すべきではありません。

一度壊れてしまった関係を修復するのは、新しい恋を始めるよりも大変なことです。

そうなりますと、やはり元彼とは接点を持たないようにすることが大切です。

彼の部屋にあるものは、着払いでも構わないから郵送してもらいましょう。

そのことをきっかけに食事やデートに誘われても断るべきです。

なかには、「お前に相談がある」と言って真面目な顔で呼び出しておいて復縁を迫る男性もいるでしょうが、あなたにその意志がなければ断固として拒絶しましょう。

こんな元彼に構っているうちに、いつの間にかすてきな男性との出会いを逃してしまうかも。

そんなことがないように注意すべきです。