Windows8向けに提供されていた「Internet Exploler10」が一般公開され、Windows7でも利用できるようになった。マイクロソフトのウェブサイトから無料ダウンロードできる。

表示速度「20%向上」

HTML5やCSS3などの新しい標準規格への対応を進めたほか、ウェブサイト閲覧時の速度が従来と比較して20%向上するとしている。ChromeやFirefoxなどのブラウザにシェアを追い上げられているInternet Explolerだが、

早速インストールしたユーザーからは、

「デザインの変更は殆どないけどIE9に比べて速いのは確か」「IE10快適すぎるんだが Chromeより速いわ」

といったツイートも出ている。

今後、同社ではWindows7ユーザー向けに「Internet Exploler10」への自動アップデートを予定している。2013年2月26日に公開された。