海外から持ち込まれて普及した商品たち



日本で一番売れている炭酸飲料のコーラ。コーラは1910年にアメリカから持ち込まれたのが最初といわれています。その後、1960年代に本格的に販売されるようになり、大きく普及しました。

今回は、こうした海外から日本に持ち込まれて普及した商品をご紹介します。



●バヤリースオレンジ(オレンジジュース)

アサヒ飲料が発売しているオレンジ果汁飲料『バヤリースオレンジ』は、1949年(昭和24年)にアメリカから進駐軍向けに輸入されました。その後日本でも1952年(昭和27年)に製造・販売されるようになり大ヒット。これが現在でも愛されるロングラン商品になりました。



●タバスコ

ピザやパスタにかけて食べる人も多いタバスコ。日本に輸入されたのは1940年代後半といわれています。その後、喫茶店などに置かれるようになり、普及・定着しました。「アントニオ猪木が最初に持ち込んだ」と思っている人もいますが、それは間違い。普及に一役買ったのは間違いありませんが、1970年代にアントニオ猪木さんの経営している会社が、タバスコの製造をしているマキルヘニー社と代理店契約をしただけです。



●コーンフレーク

朝食のメニューとしておなじみのコーンフレーク。日本には1920年代に導入されました。普及したのはそれから40年ほど経過した1960年代になってから。日本ケロッグと日清シスコによって販売されたコーンフレークが急速に普及し、定着しました。



●チューインガム

チューインガムは1916年(大正5年)に初めて海外から輸入されました。それから12年後の1928年(昭和3年)には国内初のガムの製造販売がスタートしました。しかし現在のように普及・定着したのは戦後になってから。アメリカ軍の携帯食として日本に渡り、その後大きく普及しました。



●トイレットペーパー

クルクルと巻かれている形のトイレットペーパーは、1870-1880年あたりに日本に輸入されたのが最初といわれています。当時は洋館などでしか使用されていませんでした。その後、大正時代に入って日本でもトイレットペーパーが作られるようになりましたが、水洗式トイレが普及し始めるまでは、長い間ちり紙が主流でした。



●ホッチキス

紙をバチッと留めるホッチキスは、明治時代に日本に輸入されました。ホッチキスという名前は、その時輸入した商品がホッチキス社製だったことに由来するそうです。ちなみに海外では「ステープラー」と呼ばれています。



●レジスター

現在では、どこのお店にも置いてあるレジスター。日本に最初に持ち込まれたのは1897年(明治30年)。明治時代です。横浜の貿易商によって輸入されたそうです。当時のレジスターはレシート機能が取り付けられたばかりでした。





トイレットペーパーやホッチキス、レジスターなどは、その後日本独自の改良がされ、海外よりも優れた商品に進化しました。レジスターは、日本の企業の商品が海外で高いシェアを誇っているそうです。「よいものをさらによいものに仕上げる」日本人ならではですね!



(貫井康徳@dcp)