日本一のラテアートを作るのは誰だ!? - ラテアート選手権開催

写真拡大

ラテアート。

エスプレッソにスチームミルクを注ぎ入れ、ハートやリーフなどの模様を描いたものだ。

ラテアートの技術を競う日本大会「ジャパン ラテアート チャンピオンシップ」(主催: 日本スペシャルティコーヒー協会)も開催され、今年で5回目となる。

同大会の優勝者は6月にフランス・ニースで行われる世界大会「ワールド ラテアート チャンピオンシップ2013」に出場できる。

過去には2010年の日本大会優勝者が世界大会でチャンピオンに輝いたこともあり、日本大会の注目度も高い。

日本大会の決勝が行われたのは2月22日。

93名のバリスタの上位10名が決勝大会に進出した。

競技内容は2つに分かれ、1つは写真審査。

13分の時間内に、各競技者であるバリスタが考案した絵柄のオリジナルラテをつくり、写真撮影。

これをジャッジが審査するといったもの。

2つ目は、8分の時間内に、エスプレッソ・マキアート、カフェラテもしくはカプチーノ、デザイナーラテの3種類を2杯ずつつくり、ジャッジが判定するという内容。

なお、このデザイナーラテは、写真審査でつくったものと同じものをつくるというルールになっており、再現性が問われる。

審査内容はドリンクの完成度だけではなく、ドリンク作成時の動きに関するプロフェッショナル度にも及ぶ。

結果、優勝に輝いたのは、「Ogawa Coffee The Cafe 河原町三条店」勤務の吉川寿子バリスタ。

バリスタ歴は約6年といい、世界大会に向けて「日本代表として恥じることなく頑張りたい」と抱負を語った。

なお決勝大会には、今年も含めて3年連続で優勝者を連続して輩出している小川珈琲(本社: 京都)から4名が進出。

同社の勢いを感じる大会でもあった。