動いておねだりをしてくる、スマホと連動したフィギュア「おねだりわんこ」

写真拡大

バンダイは3月30日より、スマートフォンをかざすと、画面上で生きているかのように動いたり会話をしたりする手のひらサイズのおもちゃ「おねだりわんこ」(全40種、各500円)を販売する。

同商品は、同社が配信している無料アプリ「おねだりわんこ」(iOS/Android 対応)に登場するわんこ40種をフィギュア化したもの。

スマホをフィギュアにかざすと、わんこの表情が画面に表示され、フィギュアに重なって動く。

画面上には、それぞれのわんこの性格に合わせ、「おはなしして」「なでて」など様々なおねだりのセリフが表示される。

そのおねだりに応えて、画面上でわんこと会話をしたり、なでたり、着せ替えをするなどして楽しめる。

2匹以上(最大4匹)並べて画面に映すと、わんこ同士で会話する様子も見られる。

わんこのおねだりに応じると「おねだりポイント」がもらえ、ポイントを使って「えさ」や「着せ替えアイテム」などを手に入れることができる。

会話を重ねるごとに「親密度」がアップし、それに従って会話の内容が変わる。

また、商品パッケージにスマホをかざすと、画面上でわんこが「か(飼・買)ってほしい」とおねだりするという仕掛けもある。

おねだりの方法は、40種それぞれが性格ごとに異なるセリフで行う。

「おねだりわんこ」の一般発売日は3月30日だが、セブンイレブン店舗では8種を3月中旬から先行発売する(一部取り扱いのない店舗もある)。

全40種で各500円。