東京都と福島県で採れた農産物を販売! 新宿で「東京農業フェア」3/8開催

写真拡大

東京都産業労働局は26日、「第12回新鮮・元気いっぱい! 東京農業フェア」を3月8日に開催すると発表した。

主催は、東京都、JA東京グループ、東京都農林水産振興財団、NHKほか。

同イベントでは、東京都内で生産された農畜産物の紹介や販売を行う。

販売予定品目は、小松菜、ほうれん草、のらぼう菜、トマト、ブロッコリー、柚子、ねぎ、わけねぎ、ごぼう、うど、大根、かぶ、にんじん、サトイモ、さつまいも、水菜、あしたば、しいたけ、鶏卵、お茶、各種ジャム、梅干、漬物など。

また、東京都で採れる農産物をパネルで紹介するほか、花マットや特産品の東京うどなども展示する。

併せて、「ふくしま⇔東京キャンペーン」の一環として、福島県産農産物の販売も実施する。

開催会場は新宿駅西口広場イベントコーナー(東京都・新宿区)で、開催時間は10:00〜16:00。

なお、農産物の販売は売り切れ次第終了する。