1食の脂肪は1.1g! 脂質を50%カットした「フルーツグラノラ ハーフ」

写真拡大

日本ケロッグは3月7日から、同社シリアル「グラノラ」の脂質を50%以上カットした新商品「フルーツグラノラ ハーフ」を発売する。

同商品は水溶性食物繊維を多く含んでおり、大麦を原料に、配合する油脂をできるだけカットして仕上げた。

グラノラ本来の味はそのままに、1食分の脂肪は1.1g(1食40gあたり)に抑えている。

カロリーも148kcalと、同社従来品と比較して約14%低くなっている。

一般小売りグラノラ商品の中で、唯一「低脂肪」と呼べる商品だという(※)。

フルーツも、レーズン、いちご、パパイア、クランベリー、パイナップルの5種類を配合。

さらにビタミンB群をはじめ6種のビタミンと鉄分、食物繊維も加えている。

フルーツグラノラ ハーフは215g入りで価格は357円。

徳用サイズは560g入りで798円。

※消費者庁が定める栄養表示基準(低脂肪/製品100g中の脂質3g以下)による