図1 女性向け「年代本」の刊行数の推移

写真拡大

■TOPIC-1 女性の20・30・40代論

連載第3テーマでは「年代本」、つまり20・30・40代それぞれにおいてなすべきことを論じる書籍を扱いました。しかし、そこで対象とした書籍は男性の手による、主に男性に向けられたものばかりだったため、私は一つの「宿題」を抱えることになりました。

それは「女性の生き方」についてです。男性向け「年代本」では家庭生活への言及もあるのですが、パートナーの生き方について触れられることはほぼありませんでした。つまり「年代本」において女性は、あくまでも男性が貫こうとするライフスタイルの相談相手、男性を支える存在であって、彼女がどんな人生を歩みたいと考えているのか、そこに焦点があてられることはないのです。

私がもう少し考えてみたいのは、いかに自己啓発書が男性中心的な考え方をしているか、ということではなく(それはおそらく分かり切ったことです)、逆に女性向け自己啓発書において「女性の生き方」はどのように論じられ、また女性の側から男性がどのように論じられているかということです。これが今回のテーマです。

このテーマの対象書籍として最適なのは、女性向けの「年代本」です。しかし図1のように、「女性が20代でしておくべきこと」というような書籍が多く刊行されたのは1980年代から1990年代前半でした。「年代本」は2010年代に99冊(抽出基準は下記説明※を参照)刊行されているのにもかかわらず、そのうち明らかに女性向けといえる書籍はたった4冊に過ぎません。ここまで資料の数が少ないと、比較対象として適切とはいえません。

しかし、図1からいえることもあると思います。それは、2010年代の「年代本」ブームは、基本的に男性による、男性のための書籍を中心としていたということです。もちろん性別を特定しない「年代本」も多くありますが、それとて千田琢哉さんや井上裕之さんなど、発信者は男性の書き手でほぼ占められています。こうした「年代本」が概して男性目線のものであることは先に述べたとおりです。

■女性の山場は何歳にあるか

では「年代本」がダメなら「年齢本」はどうでしょうか。やはり刊行数はさほど多くなく、また20歳〜29歳のいずれかを扱う(図2では「20代」としてまとめています)書籍の刊行ピークが1980年代から1990年代前半にあることも同様なのですが、一定のペースで刊行され続けているといえます。2010年代にも9冊刊行されています。そこで今回の対象書籍はこの「年齢本」にしたいと思います。

ところで、何歳を扱う書籍が最も多いのでしょうか。刊行は、主に5の倍数の年齢に集中しているので、それらを整理したものが図3です。25歳、30歳、40歳がそれぞれ10冊を超えているのですが、目を引くのは50歳です。女性の生き方のターニングポイントになるのは50歳ということなのかもしれません。これはこれで非常に興味深いのですが、男性向け「年代本」で扱ったのは40代までなので、今回は「50歳論」を除外することにします。また、5の倍数以外で刊行数の多かった年齢は、29歳が7冊、24歳と28歳がともに3冊でした。「年齢本」一般がそうですが、20代については各年齢がそれぞれターニングポイントとされているようです。

このような観点から、今回の対象書籍をピックアップしました。図2で紹介した20〜29歳論31冊、30〜39歳論19冊、40〜49歳論13冊について、年代ごとに「最近刊行されたものから順に6冊」、計18冊を抽出したものを、今回の対象書籍とします(表1)。

次回から具体的な分析に入りますが、その前に、これらの著作で扱われている内容を概観しておきます。男性向け「年代本」での基本線は仕事にありましたが、女性向け「年齢本」で扱われる内容は非常に多岐にわたっています。仕事のみならず、ファッション、メイク、美容、恋愛、結婚、出産、子育て、セックス、友人との付き合い、健康法、食、旅、インテリア、そうじ等々。

しかしながら「年齢本」では、どのような内容についても、「ある一貫した原理」のもとに論じられているといえます。次回はその「原理」に注目してみたいと思います。

(牧野 智和=文)