六本木で一夜限りのアートの饗宴!「六本木アートナイト2013」

写真拡大

肌荒れや疲れが気になって、もう夜遊びなんてしてない! な〜んて人も思わず出かけたくなっちゃうオールナイトイベント「六本木アートナイト2013」(3月23日(土)10:00〜3月24日(日)18:00)。

六本木といえば、六本木ヒルズに東京ミッドタウン、六本木商店街など、ショッピングのイメージが強いかもしれないけど、実は森美術館やサントリー美術館、国立新美術館に21_21 DESIGN SIGHTなど、アートにも強いスポット。そこでオールナイトで行われる「アートの饗宴」って一体どんなモノ!? 広報の方にお伺いしたところ・・・。

「今回で4回目を迎える東京都と東京都歴史文化財団が行っている『東京文化発信プロジェクト』の一環で開催される、東京を代表するアートの祭典です。といっても、そんな堅苦しいものではなく、アートのお祭りのような感じでみなさまに定着して来たと思います。今回初めて導入されるアーティスティックディレクターとして日比野克彦さんを迎え、『TPIR→今日が明日になるのを目撃せよ。』をテーマにした様々なプログラムを構築いたします。夜の六本木に行き慣れていない方でも、前回のイベント統計ですと、むしろ女性の来場者が多く、メインとなるプログラムが展開される日没から夜明けまで、深夜の時間帯でもかなりの人出ですので、安心して楽しんでいただけると思います。また、トークショーやワークショップも予定しており、お酒を飲みながら作家さんのお話を聞いたり、自分でも参加してみたりと、様々な楽しみ方ができます」とのこと。

各美術館や施設も“一夜限り”の特別プログラムが用意されていて見逃せない! 彼を誘って一晩限りのアートな夜遊びを体験すべく六本木に繰り出そう!