”低線量地域”で保育--福島県郡山市湖南町に自然体験保育園「ココカラ」開園

写真拡大

NPO法人移動保育プロジェクト「ポッケア」は4月1日、自然体験保育園「ココカラ」を福島県郡山市湖南町に開園する。

同法人では、2011年より低線量地での日帰り保育を実施しており、今回開園する保育園はそのプロジェクトの一環。

湖南町は、放射線量が0.08μSVと低く、子ども達や保護者は健康上の安心を得ることができる。

また、自然環境が豊かで外遊びも楽しめるため、幼少期の子育て環境としても魅力的だという。

保育については、幼少期教育にIT教育と自然教育を複合させた新しい保育スタイルが特徴となっている。

4月の開園に先がけ、無料の体験入園を実施。

日程は3月9日、10日、16日、17日の4日間で、時間は10:00〜13:00(集合9:00、終了14:00)。

対象は2007年4月2日生まれ〜2010年4月1日生まれの子ども。

当日は、「雪の大きなすべり台で遊ぼう!」「昔あそび体験をしよう!」「スポーツ体験でワクワク!」「みんなで昼食!(昼食提供)」といった体験イベントが開かれる。

なお、体験入園の参加者は4月の保育料が無料となる。

申込は同保育園Webサイトまで。