薬膳フレンチも! ロート製薬がJR大阪駅前に「Smart Camp うめきた」展開

写真拡大

ロート製薬はJR大阪駅北側に新しく誕生する「グランフロント大阪・ナレッジキャピタル」に、新規事業展開の拠点「Smart Camp(スマートキャンプ)うめきた」を4月26日にオープンする。

「グランフロント大阪・ナレッジキャピタル」は、大阪経済活性化の拠点を目指したビジネスとサービスの複合施設。

同社はナレッジキャピタル6階に、「Smart Camp(スマートキャンプ)うめきた」をオープン。

レストラン、都会型野菜農園、リラクセーションサロンと幅広く展開する。

中核となるのは、フレンチの巨匠・三國清三氏(みくにきよみ)がプロデュースするレストラン「旬穀旬菜(しゅんこくしゅんさい)」。

世界無形文化遺産に認定された「高級フランス料理」に、ロートオリジナル家庭薬膳で実践してきた「食」へのこだわりを加えた。

また、レストランに隣接する都会型農園「旬穀旬菜シティファーム」では、都会で行う近未来農業をコンセプトにした、完全無農薬のセラミック栽培を実施。

葉野菜や果菜、根野菜など多種類の野菜を完全無農薬で安定的に生産する。

季節野菜も1年を通して計画的に生産できるという。

収穫した野菜はレストラン「旬穀旬菜」レシピにも使用する。

リラクセーションサロン「HOLISTIC LAB(ホリスティックラボ)」では、同社が社員の福利厚生として研究を重ねてきた中から選んだウェルネスメニューを提供する。

足から前身の健康を考える「フットケア」、頭部のリラクセーションに特化した「ヘッドスパ&ヘアカラー」、美容はり・きゅうの「ケア鍼灸(しんきゅう)」など、頭からつま先までトータルでケアを行う。