大地震による大火災を想定した防炎避難ウエアを発売 - マシュール

写真拡大

マシュールはこのほど、火災対策防炎避難ウエアー「ハコベスト防炎ジャケット」「防炎パンツ」「防炎ハコポンチョ」「防炎ポンチョ」の販売を開始した。

同商品はいずれも、消防活動服等に使用される特殊耐火繊維の「アラミド繊維」を主に使用した日本防炎協会認定品で、大地震による大火災が懸念される住宅密集地域や高層マンションの一般家庭、高層ビルの企業などにおける人体への火災対策を考えた避難用品。

「ハコベスト防炎ジャケット」は防災グッズを持ち運べる非常持ち出し用ジャケット。

収納容量が高く、防災頭巾になるフードを備えたハコベストに防炎機能を加え、取り外し可能な袖をつけた火災対策避難ウエアーとなる。

子供用、大人用それぞれ2サイズ展開で、価格は子供用が3万5,700円、大人用は4万4,100円。

併せて「防炎パンツ」も販売し、子供用、大人用それぞれ2サイズ展開で、価格は子供用1万4,700円、大人用1万7,850円となる。

「防炎ハコポンチョ」は防炎ポンチョが内蔵された一体型の非常持ち出しリュックで、リュックを背負ったまま防炎ポンチョの着用が可能。

フリーサイズで、価格は子供用が3万1,500円、大人用は3万9,900円。

また、防災グッズに入れておくことで安心できる「防炎ポンチョ」も販売する。

フリーサイズ、子供用1万7,850円、大人用2万6,250円となる。