東京都・中目黒で鳥取県イベント「co-tori」 -地酒や地ビール、食べ歩きも

写真拡大

co-toriは3月3日まで、鳥取県の民工芸と食を紹介するイベント「co-tori」を、東京都・代官山、中目黒周辺で開催している。

co-toriは、”日本一人口が少ない鳥取県”をPRするプロジェクトで、同イベントは”東京で出逢う小さな鳥取”がコンセプトとなる。

「SM-g(エス エム ジー)」(東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F)では、昨年に続き「TOTTORI craft 2」を開催。

鳥取県の器や、多彩な手仕事を紹介する。

期間中、毎日20時まで営業。

「コトリコーヒー」では、鳥取の器で本格店のコーヒーを味わえる。

各ショップがセレクトする器から、好みのものを見つける楽しみも。

実施店は「ab.LABAR」「ハニー珈琲」「onibus coffee」「Obscura Laboratory」の各店。

3月1日と2日には、鳥取の酒と食材を楽しめる食べ歩きイベント「co-tori BAL」を実施する。

「CAFE&CATERING TORi」「日本酒とうなぎ 翏」「Taste AND Sense」など、中目黒の5店舗が参加。

参加費3,000円で、鳥取産の地酒・地ビール・ワイン(1ドリンク無料)と鳥取食材を用いた各店舗オリジナルのワンコイン(500円)プレートが味わえる。

また、参加者には鳥取の窯元で作られたぐい呑がプレゼントされる。

なお、店舗は2日間かけてまわることも可能。