ユニクロ新作ボトムは色とストレッチ 男性にもレギンス提案

写真拡大

 ユニクロが2月25日、新作ボトムス「メンズレギンスジーンズ」とウィメンズ向け「レギンスパンツ」「ウルトラストレッチジーンズ」の春夏商品を発売した。同日、「青山スパイラルホール」でスタイリスト亀恭子を招いた「ユニクロ 2013年春夏 新作ボトムス発表会」を報道陣向けに実施し、新ボトムスのコーディネートを提案。ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)の元クリエイティブ・ディレクターで、現在はユニクロのデザインディレクターを務める滝沢直己が出席し、新作アイテムのデザインコンセプトについて説明した。

ユニクロの新ボトムは男女でレギパンの画像を拡大

 ユニクロは、ボトムスに対して"かっこいいけど、動きやすい"というニーズが求められていることから、ボトムスの展開を強化。新機軸の商品として、「女性のためのアイテムと考えられがちなレギンスの常識を打ち破る」(ユニクロ・R&D部長 猿谷哲也)という観点で男性向けの「レギンスジーンズ」(1,990円)を開発した。独自の新素材を使ってストレッチ性を高めながら、5ポケットの前空き仕様でベルトループを施すなど本格的なデザインに仕上げている。一方ウィメンズ向け商品は、2010年の発売以降アップデートを重ね定番商品に成長したという「レギンスパンツ」(1,990円)と先シーズン発売し好評だった「ウルトラストレッチジーンズ」(3,990円)を、個々のライフスタイルに合うように色柄を豊富に展開する。

 発表会では、亀恭子のスタイリングによるコーディネート6スタイルが披露され、色彩豊かなボトムスの取り入れ方を提案。開発を担当した滝沢直己は、デザインコンセプトについて「ストーリー性を取り入れた。淡い色合いの「ハーブ」はハーブティーから着想を得て"リラックスする気持ち"を、ブルーをベースにした「アクア」は気温が上昇した時期に"水を飲みたくなる気持ち"を、ヴィヴィッドカラーの「ジェラート」はアイスクリームを食べたくなるムードを表現した」と話し、日常生活で感じる思いをデザインに落とし込んだという。

■ユニクロ
 http://www.uniqlo.com/jp/