野生パンダ、村で飼育の子羊を襲って食べる=中国四川省

写真拡大

中国四川省雅安市宝興県の林業局は24日、春節(旧正月)期間中に野生のジャイアントパンダ1頭が同県霊関鎮建連村の住民男性が飼育する子羊を襲って食べていたことを明らかにした。山西晩報が伝えた。
男性が飼育する羊が最近、複数の子羊を生んだ。春節で男性宅を訪れていた甥が子羊を見たいと言ったため、父親が男性宅から1.5キロメートルの場所にある羊小屋に連れて行くと、2人は羊の叫び声を聞き、小屋から10メートル余り離れた場所で木に座ったパンダ1頭が子羊を食べているのを目撃したという。
2人はパンダを驚かさないようにそっとその場を離れ、男性に連絡。男性がすぐに県林業局の野生動物保護部門に通報し、村支部の魏徳清書記と共に現場に駆け付けた。驚いたパンダは食べている途中の子羊を抱えたまま、木から下りて山の方向に逃げた。
(編集翻訳 恩田有紀)