東京都神楽坂、京極夏彦ら妖怪好きの写真展「お化けの居そうな場所」開催

写真拡大

神楽坂のカフェ&ギャラリー アートガレーカグラザカ(東京都新宿区)では、2月26日〜3月3日に「お化け大学校 光画部・写真展2013 お化けの居そうな場所」を開催する。

「お化け大学校」は水木しげる氏を総長に、京極夏彦氏、荒俣宏氏らも講師として参加する、お化け・怪談を中心としたエンターテインメントプロジェクト。

同プロジェクトが展開している「光画部」で、このほど初の写真展を開催する。

「目に見えないお化けを”写真”という道具で捕まえる」をコンセプトにした写真展で、出品するのは「怪」執筆陣、化け大教授・講師、編集部メンバーを中心にした、妖怪好きカメラマン27人。

お化け大学校総長・水木しげる氏、民俗写真家・芳賀日出男氏、東洋大学教授・菊地彰太氏の作品も参考出品する。

写真展の開催を記念し、初日の2月26日にはスペシャル・トークライブ「それいけ!妖怪馬鹿おやじ」を開催。

京極夏彦氏、村上健司氏、郡司聡氏、多田克己氏が出演する。

時間は19時30分〜20時30分。

入場料2,000円。

定員60席(予約制)。

先着順で受け付ける。

イベント詳細はアートガレーカグラザカで案内している。

「お化けの居そうな場所」は、2月26日〜3月3日の10時〜18時に開催。

入場無料。

出品者は京極夏彦氏、村上健司氏、郡司聡氏、多田克己氏、山下昇平氏、松野くら氏、児島都氏、坂野公一氏、梅沢一孔氏、及川志郎氏、岡田博幸氏、川上修氏、似田貝大介氏、五所川原乱子氏 他 全27名。