靴ずれを事前に防ぐ簡単な方法

写真拡大

おろしたての靴を履いて気分よく出掛けたのに、靴ずれで外出が台無しになってしまうことってありますよね。

靴ずれを防ぐために、どんな方法があるのかをチェックしてみました。

■基本的な方法、ばんそうこうを貼るおろしたての靴を履く時は、ばんそうこうを貼ってから出掛けるのが無難です。

ばんそうこうは幅がせまいとずれるため、幅広のものか、テーピング用のテープを貼るとよいでしょう。

また、肌色の目立たないばんそうこうも準備しておくと便利です。

■靴下の中にストッキングをはく長時間歩く場合、靴下を履いているのに靴ずれが起きることがあります。

女性の場合は、靴下の中にストッキングをはくだけで、布と肌の間で摩擦が起きづらくなるため靴ずれしにくくなります。

男性の場合には、女性ストッキングの足先部分だけを切って、靴下の中に履いても効果があります。

■靴の中にデリケートクリームを塗るかかとの靴ずれも困りますが、足の甲や指の関節にできる靴ずれも、痛くて困るものです。

このような場合には、靴の中に革製品用のデリケートクリームを塗ると革がやわらかくなり、靴と足との接触部分をなめらかにしてくれ、靴ずれを防げるそうです。

また販売店の店頭で置きっぱなしにされていた靴は、乾燥して硬くなっていることがあります。

そんな時にも、デリケートクリームがあれば役立ちます。

■かかとをもんで、履きぐせを無理やりつける靴かかとの硬い部分が、かかとと擦れてできる靴ずれには、靴のかかとをもんで柔らかくしてしまう方法もあります。

靴のかかとを手で前後に折り、やわらかくしていきます。

ただし合成革の場合には、折り跡がついてしまうこともあるため、無理やり力を入れて折るのは厳禁です。

■中敷きを入れて高さ調節、前すべりを防ぐ足のくるぶしの位置と靴のかかとの位置が合わないと、靴ずれの原因になります。

また女性のハイヒールにありがちなのが、前すべりすることでおきる指関節や足の甲の靴ずれです。

自分で中敷きや前すべり防止シートなどを貼って、靴ずれを防止するのが効果的です。

■シューストレッチャーを使うねじ込み式のバネがついているシューストレッチャーは、自宅で革靴を伸ばすのに役立つアイテムです。

靴ずれを起こしやすい方は、シューストレッチャーが家に1つあると便利です。