東京マラソン、平凡記録の裏事情

ざっくり言うと

  • 東京マラソンではペースメーカーが5km15分台のジョギングペースを刻んだ
  • ペースメーカーは選手が牽制しあい平凡な記録にならないよう導入されている
  • 優勝したデニス・キメットは2時間6分50秒と平凡なタイムだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング