全国求人情報協会がまとめた1月分の求人広告掲載件数等集計結果によると、34カ月連続で前年同月を上回ったことが分かった。

 求人メディア全体の広告掲載件数は62万1823件で、前年同月比12.3%の増加となった。

 メディア別に見ると、有料求人情報誌4万9755件(前年同月比6.7%減)、フリーペーパー24万48件(同18.1%増)、折込求人紙8万8596件(同3.6%減)、求人サイト24万3424件(同18.5%増)。

 地域別に見ると、北海道・東北3万2938件(前年同月比4.0%増)、関東・甲信越14万3135件(同12.3%増)、中部・北陸5万1190件(同12.6%増)、近畿7万4389件(同6.9%増)、中国・四国2万3954件(同0.7%減)、九州・沖縄5万2793件(同5.3%増)。


人材開発の専門スタッフが不足、研修効果の測定が課題
【ポストコンサル採用の実態-第1回】地方企業の事業成長を牽引する「ポストコンサル」
【ケースで学ぶ! 成功する中途採用の新常識-第5回(2)】全社一丸の採用カルチャーで、競合他社に勝つ

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。