千葉県浦安市・イクスピアリのゆずの地ビールが、国際ビール品評会で受賞

写真拡大

千葉県浦安市舞浜のイクスピアリは21日、同施設内のレストラン「ロティズ・ハウス」のブルワリー(醸造所)にて醸造の地ビール「ハーヴェスト・ムーン ゆずエール」が、英国で開催された国際ビール品評会”The International Brewing Awards 2013 ”で、銅賞を受賞した、と発表した。

同品評会は、1886年から続く世界でもっとも歴史ある国際ビール品評会で、通称”ビールのオスカー賞”とも言われる権威ある大会。

「ハーヴェスト・ムーン」は今回が初出品で、世界の大手ビール会社も多く出品する中、「スペシャルビール(瓶・樽)部門 クラス2(フルーツ&ベジタブルビール)」での初受賞となった。

同商品は、ライトなエールをベースに、高知県産ゆず100%果汁を加えて発酵・熟成させた、アルコール度数4.5%のフルーツビール。

色はオレンジ色の入った琥珀色、爽やかなゆずの香りとさっぱりとした味わいが特徴という。

今回の受賞を記念し、通常は冬季限定醸造の同商品を3月下旬から数量限定で販売する。

「ロティズ・ハウス」での提供(550円)、店頭での瓶詰販売(470円)、「イクスピアリ オンラインショップ」にて、330ml3本セット1,600円(税込・送料別)で購入できる。

なお、価格は予告なく変更となる場合がある。