ワコール、フランス発の女性用インナーウエアブランド「Huit8」を展開

写真拡大

ワコールは3月中旬より、グループ会社である英国のワコールイヴィデンが取り扱いをしている女性用インナーウエアブランド「Huit8(ユイット)」を日本で展開する。

同ブランドは、1968年創業のフランスのブランドで、”モダン・フェミニン・トレンディ”をコンセプトとし、そのデザイン性の高さで注目を集めているという。

また、身に着けたときの心地よさに加え、しっかりとした補整力の両方を兼ね備えており、20代〜50代の幅広い年齢層に支持されているとのこと。

価格も日本円で、ブラジャーが1万円前後とインポートとしては手に届きやすいという。

現在、フランスを始めとするヨーロッパの百貨店や下着専門店を中心として世界40カ国以上で発売されており、今回日本でも銀座松屋、伊勢丹新宿店で展開し、今後は百貨店5店舗、下着専門店20店舗での展開を計画している。

取り扱いアイテムは、ブラジャー、ショーツ、水着(ワコールウェブストアのみ)。

ブラジャーは13品番で、カラーは11色。

希望小売価格は6,090円〜10,920円。

ショーツは14品番、カラー11色。

希望小売価格は3,675円〜6,615円。

水着は12品番、カラーは4色。

希望小売価格は5,565円〜11,235円。