民間療法「かっさ」って知ってる? 婚活女子のためのエステ潜入レポート

写真拡大

現代の日本において、婚活をしている女性はとても多いのではないだろうか。

婚活をするために、自分磨きをしている女性もちらほら。

今回は、婚活のための自分磨きのひとつとして、一風変わったエステ「かっさ」を紹介したい。

かっさは中国や韓国で古くから使われてきた伝統民間療法。

かっさ板という凹凸のあるプレートを肌にピッタリつけて、スライドさせながらコリをほぐしていく。

中国では、かっさ板の代わりに、コインや瓶のふたなど、身近なものをつかって家族でマッサージをすることもあるそうだ。

今回訪れたのは、東京にあるたかの友梨ビューティークリニック。

オリジナルのかっさ板を開発し、独自の美容法を確立させている。

今回体験したのは、「スイス式かっさ顔上げトリートメント」コース。

クレンジング、かっさトリートメント、頭皮トリートメントとパックの60分のコースだ。

部屋に案内され、着替えをすませ、ベッドへ横になる。

最初にクレンジングし、毛穴の汚れを落としていく。

その次に、いよいよかっさの施術が行われる。

まずは左の鎖骨をかっさ技でなでてゆく。

「顔のコース」を注文したのだが、店員さんいはく、「鎖骨はリンパの出入り口。

ここがつまると老廃物が流れないんです」とのこと。

ほんの10秒ほどしか触っていないが、これで老廃物が流れ出る準備が整うのだという。

次に、かっさ技でおでこのコリをほぐしていく。

ゴリゴリと力を入れるイメージがあったが、なでられている程度の圧力しかかからず、痛みはない。

「自己流でかっさをしている方は、力を入れすぎている傾向がありますね。

力をほとんどいれないくらいで十分な効果があります」と説明される。

一通りかっさが終わったところで、鏡を見させてもらうと、ビックリ。

痛みもなく、顔をひたすらかっさで触られているだけだったのに、顔がキュッと持ち上がっていた。

その後、「代表であるたかの友梨が30年をかけて研究した」という顔上げ矯正のハンドマッサージで、顔をもみほぐし、リンパを流していく。

こちらのほうはグイグイと力強いトリートメントだ。

その後、顔に海藻パックを載せて、頭皮のコリをかっさでほぐしていく。

肌がパックによってキュッと引き締まり、頭皮のコリがほぐれて顔全体の筋肉が持ち上がる。

ここまで、あっという間の60分。

小顔効果抜群で、自分でかっさマッサージを行うのとは雲泥の差の仕上がりだ。

寒さが厳しくなると、血行が滞り、顔がくすみがちになり、顔がむくみやすくなる。

婚活のための自分磨きとして、「かっさ」でひとつ上の美しさを目指してみてはいかがだろうか。

■たかの友梨ビューティークリニック・ビジター料金24,150円(税込)・メンバー料金21,000円(税込)・所要時間:約60分・ホームページはこちらから