アサヒビール、20代女性向けにピンク色の缶カクテル「ディアピンク」発売

写真拡大

アサヒビールは3月5日、「アサヒカクテルパートナー ディアピンク」3フレーバーを新発売する。

あわせて、3フレーバーを詰め合わせた「アサヒカクテルパートナー ディアピンク 4缶バラエティパック」も同日発売する。

同商品は、同社RTD(Ready to Drink-栓を開けてそのまま飲めるアルコール飲料)の主力ブランド「アサヒカクテルパートナー」からの、20代女性をメインターゲットにした新シリーズ。

「マンゴー&ヨーグルトリキュール」「とろりんピーチ&ワイン」「香るカシス&ティー」の3フレーバーで展開。

20代女性に人気の高いフレーバーである、マンゴーやピーチ、カシスを採用し、ワインやリキュールを組み合わせ、やさしい口あたりでほどよく甘くて飲みやすい味わいに仕上げているという。

アルコール度数はいずれも3%。

パッケージデザインは、20代女性が親しみを感じるやわらかなピンク色とリボンが特徴。

ネーミングは、”親愛な””かわいい”といった意味の「ディア(Dear)」と、”やさしい気持ちになれる色”として好まれている「ピンク(Pink)」を組み合わせたという。

350ml缶で、希望小売価格はいずれも141円。

「4缶バラエティパック」は「とろりんピーチ&ワイン」2本、「マンゴー&ヨーグルトリキュール」1本、「香るカシス&ティー」1本の、350ml缶計4本を詰め合わせ、希望小売価格は564円。