バンダイチャンネル”アニメ・特撮見放題”がアクトビラを通じてテレビ対応に

写真拡大

アニメ動画配信サービス「バンダイチャンネル」は25日、同社の配信コンテンツが「アクトビラ」を通じてテレビに対応し、視聴可能となったことを発表した。

「バンダイチャンネル」は、従来の都度課金と並行して、指定のアニメ・特撮作品が見放題で楽しめる「アニメ・特撮見放題」(税込金額1,050円)をPC向け、スマートフォン、タブレット機器向けに提供してきたが、3月1日(金)正午より「アクトビラ」対応テレビでも視聴が可能となる。

これにより同日からは見放題サービスにおいて512作品、計8,963話を視聴することができる。

アクトビラは、インターネットのブロードバンド接続により、対応するデジタルテレビ・DVDレコーダー向けにビデオオンデマンド形式のコンテンツを配信するポータルサービス。

端末にはパソコンではなくインターネット接続可能なテレビを使用し、入会金、月額基本料はなく、作品毎に料金を支払う都度課金の有料サービスとなる。

なお、同時に『機動戦士ガンダムUC episode 6 宇宙と地球と(そらとほしと)』のイベント上映、有料配信、ブルーレイの先行発売が3月2日(土)にスタートすることを記念して、『機動戦士ガンダムUC episode 5 黒いユニコーン』を期間限定、有料会員限定向けに無料配信をスタート。

こちらの配信期間は、3月1日(金)正午〜8日(金)正午まで。

さらに同期間中には、『episode 1』〜『episode 4』を都度課金において、スペシャルプライス(税込1,000円)にて有料会員向けへの特別配信も開始する。

「バンダイチャンネル」では、『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ZZガンダム』『機動戦士Vガンダム』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『機動戦士ガンダムOO』といったガンダムシリーズ12作品、さらには『TIGER & BUNNY』『コードギアス 反逆のルルーシュ』『交響詩篇エウレカセブン』『アイドルマスター』『モーレツ宇宙海賊』、ニンテンドー3DS用ゲームソフト『スーパーロボット大戦UX』の発売を記念した関連作品、『劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-』『劇場版 マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜』といった劇場作品も配信される。

最新の配信リストはこちらから。

なお、「バンダイチャンネル」の利用には同サービスの会員登録(無料)が必要となる。