モスバーガー、朝限定で”卵かけごはん”をイメージしたライスバーガー販売

写真拡大

モスフードサービスは26日、朝食メニューを大幅に刷新する実験販売を直営の「モスバーガー」20店舗にて開始する。

28日からは販売子会社経営のモスバーガー29店舗でも実験販売を開始する。

これら49店舗ではこれまでのバーガー類を中心とするメニュー構成から、朝食専用ホットサンドや温麺、モスライスバーガーなど、ハンバーガーではない新商品を中心としたメニューにラインアップを変更。

メニュー数は11品となる。

朝食メニューは「おはよう朝モス」として、オープンから11時まで提供する。

おはよう朝モスに登場する新メニューは、「モスのホットサンド」(5種・各190円)、「モスの朝麺 温麺(うーめん)」(3種・各320円)、「モスの朝ライスバーガー 朝御膳」(380円)の計9種。

ホットサンドは、「パストラミビーフ」「ツナレタス」「エッグソーセージ」「チーズソーセージ」「焼きそば」から選べる。

温麺は「生姜と醤油糀スープ」「プゴクスープ」「かき玉コーンスープ」を用意し、油脂を控えた体にやさしい商品になっているという。

朝御膳は、卵かけごはんをイメージしたライスバーガーに豚汁と漬物をセットにした。

これ以外に、「トースト」(170円)、「モーニングプレート」(440円)が既存メニューやリニューアル商品として登場する。