「まんだらけ」に聞いた! 高価な漫画っていくらぐらいですか!?

写真拡大

漫画が家にたまりすぎるとブックオフなどに持っていく人は少なくないでしょう。

買い取り査定をしてもらうと「えっ? これぐらいにしかなりませんか」なんてことはありませんか。

だいたい大した金額にはなりませんが、レアな漫画であれば高値が付くのでしょうか?もし、高価に取引される漫画があるとすれば、どんなものがあるのでしょうか。

また、いくらぐらいになるものでしょうか。

まんだらけ 取締役の辻中雄二郎さんにお話を伺いました。

――お金の話で恐縮なのですが、高値で取引される漫画にはどんなものがあるのでしょうか?まず人気のある作家さんがいらっしゃいます。

その作家さんの作品は高価になることが多いです。

もちろん作品によりますが。

――その作家さんは誰ですか?水木しげる先生、手塚治虫先生、藤子不二雄先生の3人でしょうね。

この3人の作品を欲しいと思う人は多いですね。

――なるほど。

水木しげる先生の作品でレアなものというと、どんなものがあるのでしょうか?『妖奇伝』という全2巻の作品があります。

これは、水木しげる先生の貸本時代の作品でゲゲゲの鬼太郎の最初の作品になり、2冊そろいで出てくることはめったにないですね。

弊社でもこの10年間で一度しか扱ったことがなかったと思います。

――『妖奇伝』はいくらぐらいの値が付くのでしょうか?販売価格は美本セットで300万円でしょうか。

レアなのには理由があって、水木先生自身は「2巻の表紙の絵が怖すぎて子供が買ってくれなかった」とおっしゃってます。

返品で大変だったなんて話が『ゲゲゲの女房』にもあったはずです(笑)。

――藤子不二雄先生は今でも『ドラえもん』が世代を超えて読み継がれたりする人気作家ですが、どんな作品が高価になるのでしょうか?ビンテージ漫画の中でも一番有名で高額なものが足塚不二雄名義のSF漫画『UTOPIA 最後の世界大戦』です。

足塚というペンネームは手塚治虫先生の「足元にもおよびたい」という藤子不二雄先生の少年時代の想いが具現化したものです。

藤子不二雄A(※)先生が『まんが道』の中で、「これが僕たちの初めての単行本」と紹介したこともあってよく知られています。

(※藤子不二雄A先生のAは、マルの中にAと表記)――なるほど。

高額ということは部数も少なかったのでしょうか?いえ、そんなことはないでしょう。

当時、再版もされた作品ですから。

これは弊社社長の古川益三が「高値で買い取ります」と宣言したエポックメイキングな漫画なのですよ。

――それはどういうことでしょうか?中古漫画の取引価格は、「神保町」が一つの権威で、そこで価格が付くのはやはり「手塚治虫の作品」でした。

でも、古川は、それだけではないだろうと「トキワ荘」世代の人たちの漫画にも注目したんですね。

1980年代前半のころです。

当時、『UTOPIA 最後の世界大戦』を50万円で買い取りして販売価格は100万円としました。

――現在ではいくらで販売されるのでしょうか?美本なら500万円はするでしょう。

弊社ではこの10年間で2回販売しています。

――なぜそんな価格が付くのでしょうか?この本は古川が90年代に『なんでも鑑定団』に出演した時に紹介したことでさらに有名になり、それから市場に10冊以上は出てきたんです。

――あったんですね。

あったんですよ(笑)。

ここがスゴイのですが、それでも値段は下がらなかったんですよ。

常に欲しい人がいるわけです。

普通レア本でも10冊も出てきたら値段は落ちるはずなんですが『UTOPIA 最後の世界大戦』は違いました。

――藤子不二雄先生のファンはすごいですね。

例えば『ドラえもん』は高値が付いたりしますか?てんとう虫コミックスの『ドラえもん』なら初版で美本全45巻セットで50万円します。