地震災害に備えての1本! カゴメ「野菜一日これ一本」賞味期限が3年に

写真拡大

カゴメは2月26日から、「野菜一日これ一本」190gを全国で順次リニューアル発売する。

同商品は、1日に必要とされる野菜350gを濃縮した野菜飲料。

30品目の葉・果・茎(くき)・根を使用しており、不足しがちな野菜の栄養を手軽に摂取することができる。

同社では東日本大震災直後、被災地支援物資のひとつとして野菜飲料を約100万本を提供。

その経験から野菜飲料が災害時の非常食として、栄養バランスを整えることに貢献できると考えたという。

備蓄品としても活用できるよう、このほど賞味期限を3年に延長してリニューアル販売する。

従来の商品設計には変更はなく、同社総合研究所の分析結果でも安全性に問題が無いことが確認されている。

しかし、賞味期限の延長にともない、栄養成分の一部の成分分解が進む可能性があるため、栄養成分表示を一部変更している。

同商品は2月26日より順次出荷。

今後は家庭用だけではなく、行政などの備蓄品としても提案していく予定とのこと。